アマガミSS公式に不信感を抱いた話

2019年7月「アマガミ10周年記念展覧会」、2020年7月「アマガミSS10周年」と、これだけの時を経た今、さらに盛り上がろうとしていた「アマガミ」にこんな形で水を差されるとは思ってもいなかった。

注意:この記事には、プレゼントを受け取った方々を非難する意図は一切なく、またこの記事を根拠にその方々を非難することはしないでください。

スポンサーリンク

”抽選”

アニメ「アマガミSS」は、2020年7月1日に記念すべき10周年を迎えた。
その際に夢のあるプレゼント企画が公式Twitterから発表された。

①アマガミ公式Twitter(@amagami_ouen)をフォロー
②当ツイートをRT
③#アマガミSS10周年 で祝福メッセージをツイート

参加された方々の中から抽選で「各ヒロインのサイン入り台本」をプレゼントいたします。

確率は高くなくとも、当たれば一生の家宝になるようなものが当選するかもしれないというこのプレゼント企画。
多くのアマガミストたちは、さぞ心躍らせたことだろう。

しかし、その結果はあまりにも出来すぎたものだった。

「日常的にアマガミに関する創作や発信を精力的に行っていたアマガミスト」の6人が当選したのだ。

疑念

ここで一つの疑念が浮かぶ。

当選した6名の方々は、自分がTwitterでフォローをし、TL上でよくお見掛けする方々。
その6名以外で当選が出ないなんてことがあるのだろうか・・・?

確率を計算してみた。

注意:計算結果が間違えている可能性が多いにあります。あまり鵜呑みにせず、間違っているかもしれないという気持ちで見てください。また、間違いに気付いた場合はご連絡ください。

2020年7月9日20時の時点でのプレゼント企画の応募条件?であるRTを行っているアカウント数は3938ありました。
このうち、約1000件は応募期間後、または応募目的ではないRTと仮定し、応募総数を3000件と想定します。

また、自分がTwitterでフォローしているアマガミストの方々の中で、良くタイムラインでお見掛けするような、アマガミに関する活動や発信をなさっている方が50人ほど。(ここは主観が入っております。
応募者3000人いる中で、この中の50人から6人が当選する確率を計算すると、

(50/3000)*(49/2999)*(48/2998)*(47/2997)*(46/2996)*(45/2995)
=1.57732359*10^-11
=0.0000000000157732359

となり、%に直すと、約0.0000000000001577%になります。
逆に言えば、TLで見かけないような方から当選者が1人でも出る確率は99.999999999%を超えているということになりますね

年末ジャンボ宝くじの1等(7億円)が当たる確率が、0.000005%と言われているので、それが2回当たる確率よりも起きにくい事象ということが分かります。

どの台本が当選するかまでの確率は、この確率に入っていません。当選した後、どの台本を届けるかを作為的に選ぶこと自体は問題にしていないからです。
ただし、当たった人が推しの台本を当選したのが6人分となると、さらに
(1.57732359*-11)*(1/6)/*(1/5)*(1/4)*(1/3)*(1/2)
となり、その確率はさらに果てしないものになることを補足しておきます。

問題

ここで問題なのは、抽選によって決められたにしてはあまりにも出来すぎた結果、確率にすれば天文学的な数字になっているという点。

先に「抽選」という言葉の意味を確認しておきます。

抽選とは、くじを引くこと。くじびき。

https://www.weblio.jp/content/%E6%8A%BD%E9%81%B8 weblio辞書から引用

くじとは、正負や順序が割り当てられる対象について、その割り当て情報をあらかじめ与えずに選択させること、またはその対象のこと。割り当て情報は、対象に見えないよう封入されていてもよく、選択の後に無作為な手段で割り当ててもよい。

https://www.weblio.jp/content/%E6%8A%BD%E9%81%B8 上記の同ページから引用

抽選という言葉を公式の発信機関が使用した以上、参加者の中から無作為に選ぶ必要があることが分かると思います。

となると、参加条件が極端に難しいか多くの人が見落としている項目がある?とも思いましたが、どこをどう探してもそんな記述は見つかりません。(見つけましたらご報告ください)

つまり今回のプレゼント企画では約0.0000000000001577%の事象が起きたことになるわけですが、この確率の事象がそう簡単に起きるとは思えませんし、どこかで作為的な行動が行われたと思う方が自然ではないでしょうか。

邪推

自分は性善的に物事を信じることが出来ない人間なので、手品を見たらタネが気になるように、天文学的確率の事象が起きたら不自然に思います。

そして、作為的な行動には必ず意図が存在します。その意図が分かれば、まだ納得がいくかもしれないと考えてみました。

注意:ここから先は、作為的な行動が行われたと仮定して、なぜそのようなことが行われたのかを推測したものになります。
多分に公式批判が含まれますので、見たくない方はブラウザバックしてください。

説① 転売をしないような人を選んだ

最初は自分もこれを信じました。アマガミストに届けば家宝となるものも、転売ヤーの手に渡ってしまうと金稼ぎの道具になってしまう。それは自分も許せません。
結果的に転売の心配はなさそうな方々に届いたことは素晴らしいことだと思います。

ですが、それなら最初から「抽選」なんて言葉を使う必要はありません。「参加者の中から選考の上、プレゼントいたします」など、最初から選考したことを記載しておけば問題はなかったはずです。

ならばなぜ、抽選に見せかけたのか。

説② ハッシュタグのツイート数を稼ぐため

選考と記載してしまうと、転売ヤーがツイートしないことはもちろん、普段そこまでアマガミに興味のない人がツイートする数は減るでしょう。
誰でも応募できるくじがあったら引きますが、もしかしたらくじが引けるかもしれないというだけではそこまで人が集まらないのと同じです。

そして、Twitterには、特定の単語を含んだツイート数が増えるとトレンドという欄で紹介される機能があります。
つまり、ツイート数を稼ぐことでアマガミの売名を行った可能性があるということです。

その売名に、大多数のアマガミストも利用されたのかもしれない。

選考

仮に今回の「抽選」が「選考」だった場合、さらに別の問題が浮上する。

それは、ファンの愛を公式が順位付けしたように見えるということだ。

今回当選された方々は精力的に活動や発信をなさってた方々であり、これらの方が当選したということは、選考基準に「アマガミについての活動や発信質=愛の大きさ?が入っていた可能性が大いにあるということ。

アマガミSSの原作である「アマガミ」は、自らが主人公となってヒロインと恋愛をしていくという性質上、特定のキャラを深く愛するようなファンが生まれやすく、そういったファンの方が、今回の「抽選」から落ちたということで、そのキャラを取られたと感じる人もいるみたいです。

無言

この公式への不信感に関する文章をツイートをしたところ、同調意見も何件かいただきました。(否定的意見もいただきました)
また、そのTweetにはいいねが30件ほどついております。(すべてが肯定的に押されたいいねではないことも理解しております)

つまり、アマガミSS公式に対して、疑問に思ったり不信感を抱いたのは自分だけではないということです。

そして、複数のアマガミストに不信感を抱かせた今回の一件に関して、公式からの声明などは何一つありません。(2020年7月9日現在)

所見

自分はアマガミというコンテンツに対してキャラクターを推すというよりはアマガミそのものを推すタイプのファンであり、今回の抽選対象に入っていなかったかもしれないということ自体に不満はありません
自分が当たったとしても身に余るものですし、多くの尊敬するアマガミストの方々を差し置いて当たったとしても申し訳ない気持ちになってしまっていたと思います。

ですので、自分が問題視しているのは公式が嘘をついた可能性」の1点です。

嘘をつかれたかもしれない。

利用されたかもしれない。

正直この疑念を抱えたまま、アマガミSS公式についていくことは難しいと感じています。
ただし、公式がそれでも「間違いなく抽選で起きた奇跡」だという声明を出したとすれば、もう一度信じてしまうかな。

選考なら、最初から言って欲しかった。
選考なら、今からでもいいから言って欲しい。

それだけです。

また、この件に関して、天文学的確率を信じられる方とそうでない方で大きく見え方が異なるものだと思います。

目の前の奇跡を信じるか、疑うか。

疑うことしかできなかった自分は悲しい人間なのかもしれませんが、不信感を抱いたアマガミストが他にもいたことは事実であることを強調しておきます。

最後に、プレゼントを受け取られた6名の方々、おめでとうございます。
普段からタイムラインなどで精力的な活動をお見掛けし、アマガミストとして尊敬している方々でした。
その活動がこのような形で認められたことは本当にすごいことだと思います。

この6人の選ばれた素晴らしいアマガミストすら裏切ってしまう公式でないことを切に願いながら、この記事を締めさせていただきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました