有馬記念予想【2019年】

超豪華メンバーの集まった今年の有馬記念。馬券を決めるのが非常に難しすぎる!!!!でも、決めなければレースは始まってるし、馬券を買わなきゃ当たらない!ということで、もう腹を括りました!その予想をここに書き記しておきます!

スポンサーリンク

有馬記念

この予想をするにあたって、大まかな見解のようなものは出走馬紹介の方に書かせて頂いているので、そちらをご参照ください!

◎リスグラシュー

前走コックスプレートを斤量57kgで勝利しており、その前の宝塚記念でもキセキに0.5秒差つける快勝だった。キセキがジャパンカップ2着で0.3秒差だったことを考えると、アーモンドアイを超えている可能性すらあるのかもしれないと、期待を込めての◎です。
また枠順抽選会での、赤ハット、赤ネクタイで赤枠を引くという”持っている”矢作調教師の力を信じます(笑)

○アーモンドアイ

やはり逆らえず対抗評価。どう考えても現役最強馬であり、何かの馬を物差しにすると、リスグラシュー以外には完勝できてしまうイメージしか湧かない。
無理やり不安要素を挙げるなら、初の2500m、初の中山というところだが、能力の違いで押し切れるだけの能力があるようにも思う。ここは素直に○評価。

▲1スワーヴリチャード

前走のジャパンカップは、自分が初めてG1観戦をした時の勝ち馬ということもあり、贔屓して▲評価。有馬記念は今年の総決算とも言われるので、そういう買い方もありかなと。
客観的に見ても1枠2番という好枠は無視できず、2年前に8枠から4着としていながら今の方が強いだろう、という見方もできるため、ここは上位評価したい。

▲2サートゥルナーリア

3歳馬の中では明らかに力が抜けているように思う馬。神戸新聞杯でヴェロックスやワールドプレミアを千切ったあのレースを見る限り、逆転されることはないように思う。スワーヴリチャードとは枠の差しかないと思っているので、同じ▲にさせていただきました。

△ワールドプレミア・ヴェロックス・フィエールマン・キセキ

ワールドプレミア:1年の総決算、あまりにも当てたすぎるので、力関係の分からない3歳馬は買いたい。また前走菊花賞1着の成績は(3-0-1-0)なので、そのデータで一応抑え。

ヴェロックス:上記と同じように、3歳馬は買っておきたかった。

フィエールマン:前走こそ48馬身差と大敗しているものの、国内に限れば大崩れしていないので、まだまだ力は未知数。連対まであって不思議ではないので抑え。

キセキ:こちらも前走凱旋門を走った馬。凱旋門賞を大敗しているからなのか、人気をかなり落としているが、アーモンドアイに0.3迫った過去もある馬で、人気が落ちるなら狙いたい。

注アエロリット・スティッフェリオ

アエロリット:直線で一度差されても、その後すぐに差し返すような非常に勝負根性のある馬であり、距離の克服(そもそも長距離も走れる可能性も・・・)ができれば、馬券圏内も大いにあり得るように思うので、ちょっと狙ってみたい一頭。8枠15番はやや苦しいが、ラストランでの激走に期待。

スティッフェリオ:前走こそ大負けしているものの、オールカマー勝利馬は有馬記念と相性が良い。能力的には全く足りないように思うが、父が相手なりに走ったステイゴールドであり、この馬が小回りコースで好成績を残していることから馬券圏内を警戒したい1頭。

購入(予定)馬券

12月22日 午前3時40分時点での予想です。意外とコロコロ予想を変えてしまうので、直前まで購入せずに、買い目を変化させる可能性があります。ご了承ください。
(その場合は、最終的に購入した買い目に変更します。よほど予想がバカスカ当たらない限りは、有料予想を発売するような予定は全くないので、このようなズルいこともお許し願えればと思います)

追記):結果このまま購入して外しました(涙)

◎ー○ー△注 3連複2頭軸流し 計8点 4100円
合成オッズ2.9倍(12/22 03:39時点)

コメント

タイトルとURLをコピーしました