【フェアリーS】毎年高配当連発も、今年は・・・

フェアリーSといえば、毎年のように波乱の高配当決着となることが多いレースです。
近10年を見てみても3連複で100倍以下の決着は3回しかなく、中には400倍近い決着もありました。また、馬連50倍以下の決着も同じく3回です。

このように荒れるフェアリーSですが、毎年、1番人気・2番人気・3番人気の馬のいずれかは、必ず1頭以上馬券に絡んでいます
今年もこの傾向が続くとすれば、「1番人気~3番人気の中から1頭軸を決めて、それが1/3で当たることを祈るゲーム」が一番現実的、かつ大当たりも狙えるのではないかということです。

ということで今回のレースの予想はこちら!

スポンサーリンク

フェアリーSの予想、買い目

◎アヌラーダプラ

同コース同距離の経験もあり、またシンプルに一番強そうなのがこの馬ということで、下手に逆らわずに本命にしました。

○チェーンオブラブ

前走若干の出遅れから、上がり最速を使って1着のシャインガーネットから0.1秒差まで詰めたこの馬。
今回も出遅れるリスクや、ハーツクライ産駒の相性が良くないレースであるのは承知の上だが、この内容で8番人気(レース当日10時時点で単勝17.3倍)ならば、妙味込みで狙っていきたい。

▲ダイワクンナナ

名牝ダイワスカーレットの子供であるこのダイワクンナナ。そのバリューと前走の着差で過剰人気気味ではあるように思うが、やはりロマンを追いたくなってしまうのが競馬ファン。
父ノヴェリストは、産駒に重賞勝ち馬が1頭しかいないものの、その1頭(ラストドラフト 京成杯)は中山での勝利だったので、勝手に期待している。

△1ポレンティア

こちらもダイワクンナナと同様、新馬勝ちのみの1戦1勝馬。さらにこの馬は5か月の休養明けであり、さまざまなところが未知数であるため、能力上位である可能性まで考慮すると外せない。

△2シャインガーネット

結局人気馬買うんかい!と言われるのは承知で仕方なくこの位置。アヌラーダプラと同様の2戦2勝馬。こちらもこのレースと同コース同距離を経験しており、そこまでの不安要素が見つからない。あとは能力がどうか。

△3ペコリーノロマーノ

名前が好きです。以上。
っていうのはさすがに嘘で、自分の対抗チェーンオブラブに新馬で0.2秒の差をつけて勝利しているこの馬は、距離や競馬場を一切無視した場合、シャインガーネットより0.1秒強い可能性があるわけで、まあ無視できないなということで仕方なく。

消スマイルカナ

最内枠で前に行く馬ということで、いかにも人気しそうな条件。実際に3番人気(レース当日10時時点で7.3倍)に推されている。決して弱い馬とは思わないが、かといってこの人気で買いたいレベルではないので、今回は妙味なしと判断して消した。
また、中3週でこのレースに出てきた馬の成績はあまり良くないので、それで飛んでくれ!と希望込での消しです。

(消すマイルカナみたいな感じになってんな、って記事書き終えてから思った)

買い目

◎ー○▲△△△ 3連複1頭軸流し 計1400円(レース当日10時時点 合成オッズ2.9倍)

◎ー○ ワイド 600円 (レース当日10時時点 6.9倍-8.0倍)

記事冒頭で「荒れるレースだよ!」的なことを書いておきながら、購入した馬券は、最大でも70倍台の馬券のみ。なんだかんだ小心者っていうのもありますし、自分がデータ派であることも人気馬ばっかり買ってしまう原因の1つかなと思います。

今年は固めの決着になると読んだっ!!!(というより馬券買ったらそうなった・・・)

レース後追記

1着は消すぞ!と言っていたスマイルカナでした・・・予想を公開するのは2回目(厳密には3回目)ですが、今年は軸馬も当たらなければ、来ない!って言っている馬も来るという散々な結果に・・・

こちらは完全趣味の予想を公開しているものなので、あまり参考にしないでくださいね!(こいつが推してるor消してるから・・・のような参考にはなるかも?(いやいやそんな時に限って当たっちゃったりするもんよ))

2020年の成績

合計購入レース数3レース
合計的中数0回
合計購入金額数4000円
合計払い戻し金額0円
的中率0%
回収率0%

コメント

タイトルとURLをコピーしました