日本競馬に大きな影響を与えている大王 ~キングカメハメハ~

今週は京成杯がありますね!その京成杯を走った馬の中から1頭をご紹介します!!

スポンサーリンク

生まれ

キングカメハメハ(鹿毛)
2001年3月20日生まれ

父 キングマンボ
母 マンファス(母父 ラストタイクーン)

馬名の意味:ハワイ全島を統一したカメハメハ大王。

キングカメハメハは、受胎している母マンファスをアメリカから日本に輸入してきたという、いわゆる持ち込み馬だった。

デビュー(2003年)

牡馬なら種牡馬にならなきゃ意味がないということからスパルタ教育をすることでお馴染み、松田国英厩舎に入厩。

2003年11月の京都1800mで、安藤勝己Jを背にデビューし、これを勝利する。
続くエリカ賞を勝利し、2歳を2戦2勝で終える。

3歳(2004年)

年明け初戦の京成杯では1番人気に推されるものの、1着のフォーカルポイントから0.8秒差、2着のマイネルマクロスから0.6秒差の3着と敗れる。
続くすみれSと毎日杯では、共に先行から押し切る横綱相撲の競馬で2馬身半差の勝利した。

京成杯での敗戦、また松国ローテともいわれる「NHKマイルカップ→日本ダービー」を連覇する、変則2冠への松田国英氏のこだわり(東京競馬場1600mと2400mを勝利することが種牡馬としての価値を高める)から、皐月賞を回避してNHKマイルカップに向かう。

そうして迎えたNHKマイルカップ、良馬場ではあるものの雨が降っており、馬場は軽く水を含んで重たくなっていた。
そして、マイル初挑戦となるキングカメハメハは3.6倍の1番人気に推されていた。
ただし、重賞2勝を含む4連勝でこのレースに臨んできたシーキングザダイヤも3.7倍に推されており、また3番人気メイショウボーラーも5.0倍、4番人気のコスモサンビームも6.8倍と、評価は拮抗していた。

レースは、好スタートを切ったメイショウボーラーがハナを取る。体制が落ち着いたあたりでタイキバカラが一気に先頭まで上がっていた。シーキングザダイヤは8番手あたり。キングカメハメハは10番手~11番手外目を追走、最内コスモサンビームが同じく10番手~11番手といった形。
前半3ハロン33.9秒 4ハロンが45.6秒といったハイペースでレースは進む。
最後の直線、大外から進出を開始すると残り200mほどで突き抜けると、そのまま着差を広げてゴール。

1着 キングカメハメハ 1:32:5
2着 コスモサンビーム      5
3着 メイショウボーラー  1.3/4

また、キングカメハメハのタイムはレースレコードだった。

日本ダービー

3歳馬の頂点、そして変則2冠達成への夢を描けて臨んだ日本ダービー。
ここでもキングカメハメハは1番人気に推されていたが、北海道の星コスモバルクや前走青葉賞をレコードで勝利したハイアーゲーム、前走皐月賞を勝利したダイワメジャーなどもかなりの評価を受けており、これまた人気はそこそこ拮抗していた。

1番人気 キングカメハメハ  2.6倍
2番人気 コスモバルク    3.3倍
3番人気 ハイアーゲーム   6.4倍
4番人気 ダイワメジャー   7.6倍
5番人気 ハーツクライ   17.1倍

レースは、内から押していったマイネルマクロスがハナを奪い、どんどん後続を引き離して逃げる。3番手にはコスモバルク、5,6番手にダイワメジャー、8番手あたりにキングカメハメハ。ハイアーゲームは11番手~12番手あたり。後方から2頭目にハーツクライといった展開。
大逃げのマイネルマクロスが作ったペースは、1000m57.6秒という超ハイペース。
3コーナーから4コーナーにかけて、コスモバルクが早めに前を捕まえに行ったところでレースが動く。
残り600m手前でコスモバルクが先頭に立つと、後続のキングカメハメハやハイアーゲームも進出を開始。
最後の直線では、さすがのハイペースでコスモバルクはそこまで伸びない。そんな中、馬場の中央ではキングカメハメハとハイアーゲームが2頭が並ぶような形で伸ぶような形から、キングカメハメハが抜け出る。そのまま後続との差は広がっていき、最後に大外からハーツクライが猛烈な脚で追い込むも届かず、キングカメハメハが日本ダービーを制覇した。

1着 キングカメハメハ 2:23:3
2着 ハーツクライ     1.1/2
3着 ハイアーゲーム    1.3/4

キングカメハメハのタイムはレースレコードであり、それまで記録を持っていた、アイネスフウジンの記録を2秒も更新した。
またこれによりキングカメハメハは、初の変則2冠達成馬となり、松田国英厩舎としてもクロフネやタニノギムレットでも達成できなかった悲願を達成したのだった。

3歳秋

秋は菊花賞ではなく、天皇賞秋を目標に定め、その初戦には神戸新聞杯が選ばれた。
このレースはハーツクライなどを退けて優勝し、天皇賞秋に向かう予定だったが、その2週間前に浅屈腱炎を発症してしまい、10月23日に引退が発表、10月27日に登録抹消となった。

キングカメハメハ産駒のすさまじい活躍

競走馬時代にすさまじいパフォーマンスを発揮したキングカメハメハであったが、種牡馬となってからもその凄さは突出していた。

2007年生まれの産駒

アパパネ(阪神JF、桜花賞、オークス、秋華賞、ヴィクトリアマイル)
ローズキングダム(朝日杯FS、ジャパンカップ)
ルーラーシップ(クイーンエリザベスⅡ世カップ)
タイセイレジェンド(JBCスプリント)

2008年生まれの産駒

ロードカナロア(スプリンターズステークス、高松宮記念、安田記念、香港スプリント)
ベルシャザール(ジャパンカップダート)

2009年生まれの産駒

ホッコータルマエ(かしわ記念、帝王賞、JBCクラシック、東京大賞典、チャンピオンズカップ)
ハタノヴァンクール(ジャパンダートダービー、川崎記念)

2010年生まれの産駒

ラブリーデイ(宝塚記念、天皇賞秋)

2012年生まれの産駒

レッツゴードンキ(桜花賞)
ドゥラメンテ(皐月賞、日本ダービー)

2013年生まれの産駒

リオンディーズ(朝日杯FS)
ミッキートケット(宝塚記念)

2014年生まれの産駒

レイデオロ(日本ダービー、天皇賞秋)

2015年生まれの産駒

チュウワウィザード(JBCクラシック)

また、2010年と2011年にはリーディングサイアーとなっている。

ブルードメアサイアー(母父)として

モズカッチャン(父ハービンジャー)(エリザベス女王杯)
ワグネリアン(父ディープインパクト)(日本ダービー)
ブラストワンピース(父ハービンジャー)(有馬記念)
インディチャンプ(父ステイゴールド)(安田記念、マイルチャンピオンシップ)

スポンサーリンク

総評

キングカメハメハは現役時代、京成杯の3着以外はすべて1着でゴールしていて、これはよほどの強さがないとこのような芸当はできないと思います。それが産駒たちの強さにも表れているのかなと。また、キングカメハメハが負けた 唯一負けたレースである「京成杯」の週に紹介することになってしまいましたが、まったく悪意はなく、キングカメハメハも好きな馬の1頭であることをご理解願いたく思います。

競走馬としては3歳という時期にケガをしてしまって引退しましたが、これがかえって種牡馬として成功する理由にもなったんじゃないかとも言われており、そういった意味でも「強い馬」だったのかな、とも思いました。

キングカメハメハとディープインパクト

キングカメハメハが日本ダービーを勝った翌年、近代競馬の結晶ともいわれたディープインパクトが、キングカメハメハと同じタイムで日本ダービーを勝利。

このキングカメハメハとディープインパクトは同馬主(金子真人氏)であり、日本ダービーを同タイムで勝利し、種牡馬としてどちらも超優秀であり、またディープインパクトが亡くなった約1週間後にキングカメハメハが亡くなったという、何か縁のようなものを感じる。

どちらも名馬であることは明らかであるのですが、素晴らしい馬が2頭いると比較したくなってしまうのは競馬ファンの性!!!ということで、比較してみました!

※自分はディープインパクトへの思い入れが強く、比較に関しても多少ディープインパクト贔屓してしまう可能性が多分に含まれることをご理解ください。

日本ダービー

キングカメハメハとディープインパクトは全くの同タイムで制覇したわけですが、そのレース内容は全く違うものでした。

・キングカメハメハ
前半3ハロンを34.4秒 前半1000mを57.6秒
という厳しいラップを中団からやや前目で追走し、そのまま押し切る競馬で勝利。

2015年、自身の産駒のドゥラメンテが自身の持つレコードを0.1秒更新した。

・ディープインパクト
前半3ハロンを35.5秒 前半1000mを59.9秒
というやや緩い流れを後方から追走し、2着を5馬身ちぎる末脚を繰り出して勝利。

2019年、自身の産駒のロジャーバローズがドゥラメンテの持つレコードを0.6秒更新した

と、まあダービーに関しての比較でいうと、もうどっちも強すぎるだろとしか言えない感じになりました。

しかし、キングカメハメハは早いペースで追走しても脚が使える、いわゆる「持続型」のような競走馬で、
ディープインパクトはスローでも他馬をちぎるほどのずば抜けた脚が使える、いわゆる「瞬間型」のような競走馬なのかな、といった感じですね。

また、両方の産駒を比較してみると、芝G1が行われるコース・距離でのレコードタイム保持数はキングカメハメハ産駒の方が圧倒的に多いです。
その条件でディープインパクト産駒がレコードを持っているのは京都だけという・・・

時計が早くなればなるほどキングカメハメハ産駒のが強いのかもしれませんね。ジャパンカップでとんでもないレコードを出したアーモンドアイも、このキングカメハメハの血を持つ馬ですし。
これって馬券で使えるかも・・・?

種牡馬として

現役時代の成績からはもちろん、種牡馬としてもこの2頭は名馬といえるでしょう。そんな、2頭の比較をしていきたいと思います。

項目キンカメディープ
2歳G1勝利アパパネ
ローズキングダム
リオンディーズ
ジョワドヴィーヴル
ショウナンアデラ
ダノンファンタジー
ダノンプラチナ
サトノアレス
ダノンプレミアム
コントレイル
牡馬クラシック勝利レイデオロディープブリランテ
キズナ
ディーマジェスティ
マカヒキ
サトノダイヤモンド
アルアイン
フィエールマン
ワグネリアン
ロジャーバローズ
牡馬クラシック複数勝利ドゥラメンテ
牝馬クラシック勝利
(秋華賞を含む)
レッツゴードンキマルセリーナ
アユサン
ショウナンパンドラ
ハープスター
シンハライト
ヴィブロス
グランアレグリア
ラヴズオンリーユー
牝馬クラシック複数勝利
(秋華賞を含む)
アパパネ(牝馬3冠)ジェンティルドンナ(牝馬3冠)
ミッキークイーン
牝馬限定古馬G1勝利ラキシス
マリアライト
ジュールポレール
牝馬限定古馬G1複数勝利 ヴィルシーナ
NHKマイルカップ勝利ミッキーアイル
ケイアイノーテック
古馬G1勝利ローズキングダム
ミッキーロケット
レイデオロ
トーセンラー
ダノンシャーク
リアルインパクト
スピルバーグ
ショウナンパンドラ
マリアライト
ミッキーアイル
サトノアラジン
サトノダイヤモンド
アルアイン

フィエールマン
古馬G1複数勝利ロードカナロア
ラブリーデイ
ジェンティルドンナ
海外G1勝利ルーラーシップリアルインパクト
ジェンティルドンナ

リアルスティール
ヴィブロス
グローリーヴェイズ
海外G1複数勝利ロードカナロアエイシンヒカリ
芝G1勝利馬合計10頭(うち牝馬2頭)40頭(うち牝馬16頭)
芝G1複数勝利馬合計6頭(うち牝馬1頭)11頭(うち牝馬6頭)
クラシック勝利馬4頭(2頭)17頭(うち牝馬8頭)
ダービー馬2頭5頭

※こちらの表は2020年1月時点での情報となります。

こんな感じでまとめてみましたがどうでしょうか。
個人的な感想としては、ディープ産駒の方は牝馬に大物が集まっていて、キンカメ産駒の方は牡馬に大物が集まっているように思います。
またディープ産駒のG1勝利馬の数は多いのですが、複数勝利している馬の数は少なすぎるように思います。ディープインパクトは亡くなってしまいましたが、あと数年は新しいディープインパクト産駒の馬が出てくるのでそこに期待ですね。

また、キングカメハメハ産駒には後継種牡馬になりそうな馬が結構出ている(ロードカナロアやドゥラメンテ)のですが、ディープインパクトにはそれほどの馬がいない(キズナが一番期待できる?)ので、孫の世代でもキンカメvsディープの図が見れるのを期待して、応援していこうと思います!

コメント

タイトルとURLをコピーしました