【2019マイルチャンピオンシップ】マイル絶対王者誕生 ~インディチャンプ~ 【競馬】

2019年11月17日のマイルチャンピオンシップで、マイル春秋制覇が達成された。2015年モーリス以来、史上7頭目の快挙である。また、鞍上の池添謙一ジョッキーもマイルチャンピオンシップ史上単独最多勝利騎手となった。

レース前のこの馬の評価は、同年の安田記念を制しているにも関わらず、3番人気だった。
ディープの最高傑作とも言われたダノンプレミアムと、天皇賞秋で3着に粘ったアエロリットを並ぶまもなく抜き去ったダノンキングリー、このディープインパクト産駒2頭の2強と見られていたためだ。

そして、そもそも安田記念とマイルチャンピオンシップは同じレースながらも性質が全然異なっていて、安田記念を勝った馬でもマイルチャンピオンシップではパッとしない成績の馬もたくさんいた。今年の安田記念勝利馬であるインディチャンプも、どちらかと言えば左回り、東京競馬場向きの馬と見られていたため、京都1600mという舞台が合わないと見る人も多かった。

それに加え、突然の鞍上の乗り替わり。主戦騎手であった福永祐一騎手の騎乗停止により、急遽池添謙一騎手に代打となっており、この馬にはあまり良くない条件が揃っていたように見えた。

レースは、一昨年1着で去年2着の、6番人気ペルシアンナイトの出遅れから始まった。
2年1か月ぶりのG1騎乗となった田中勝春J騎乗のマイスタイルが逃げる展開。3枠5番のインディチャンプは内4番手からの競馬。その外に1番人気7枠14番ダノンプレミアム5番手、最内2番人気1枠1番ダノンキングリー。そして後ろから6頭目にペルシアンナイトで、800m通過が47秒といったペースでレースは流れていく。
4コーナーで外からダノンプレミアムが進出を始め、最後の直線へ。
ダノンキングリーは最内を選択、ダノンプレミアムが先頭のマイスタイルに並びかけるかどうかという瞬間、その内から手ごたえ抜群に伸びてきたのがインディチャンプだった。
最後には2着のダノンプレミアムに1.1/2馬身差つける快勝、3着にはインディチャンプの後ろからキッチリ伸びてきたペルシアンナイト、これでペルシアンナイトは、一昨年1着、去年2着、今年3着と、先週のクロコスミアに引き続き、3年連続馬券圏内となった。

いざ終わってみれば、アーモンドアイに大きな不利があったとはいえ勝利しており、マイルCSの勝利数最多タイのここ一番というところに強い池添Jに乗り替わり、初めての短い間隔でのレースであったダノンプレミアムや初遠征ダノンキングリーといった人気馬に、安田記念勝利馬という格の違いを見せつけただけのレースであった。

スポンサーリンク

感想

はい。もうね、2週連続トリガミっていうのはセンスないですね。かなり落ち込んでます。馬券の買い方が下手すぎるの、これから改善していこうと思いました。
久々にPATで買わずに紙の馬券を買いにいったのですが、紙の馬券もなかなかいいものですね。

はい。一応バッチバチにトリガミだったという証拠を乗せておきますね。300円ケチって、軽視していたインディチャンプの買い目の買い増しをしなかったことでこうなった・・・

この悔しさをここに刻む。

さて今回のレースでしたが、インディチャンプがひたすらに強かったかなあと思いました。池添騎手もここ一番といった舞台にほんと強い・・・その勝負強さはもう本当に恐ろしさすらありますね。
そして2着のダノンプレミアムは、どうにもツイてないというか、これがダノックスの宿命なのか、応援はしてるんですけどね・・・頑張ってほしいです。同じく鞍上の川田騎手もなかなか勝ちきれないレースが続いていて、なんだかもどかしいですね。来週のワグネリアンで勝ちきってしまうのか、阪神JFのリアアメリアまでお預けか、はたまたもっと先になってしまうのか。

今回の内容でほとんど触れなかったG1馬アルアインですが、前走の負けが精神的なダメージになってしまったのか、今回もダメでしたね。個人的にはかなり応援していた馬だったのですが、残念です。引退になるのかなあ・・・ディープ産駒唯一のクラシックでも古馬G1でも勝利というのを達成しているので、種牡馬で期待できるのかな?楽しみです。

ということで、今週のレースも面白かったですね!個人的にはもうひたすらに悔しかったり悲しかったり、といった感情のが強いですが・・・
来週のジャパンカップ、そして年末に向けてまだまだG1はたくさんあるので、それらで取り返せるように頑張りたいと思います!お疲れ様でした!

コメント

タイトルとURLをコピーしました